MENU

入る?入らない?学資保険

学資保険のメリットとは

子どもは何人欲しいですか?一人っ子はかわいそうだからたくさん兄弟を作りたい、大家族でワイワイ楽しい一家団欒をしたい、など夢がある方も多いでしょう。しかし、子どもを育てるというのは実にお金のかかることです。将来の家族計画の中には夢のマイホーム購入、車の購入、老後の生活などとともに子どもにかかる教育費学費もきちんと計上しましょう。

子ども一人当たりにかかる学費は幼稚園から大学まで全て公立だとし1300万円程度はかかります。それに、習い事や塾、予備校費等を加えると思うと、びっくりするような金額です。子どもがたくさん欲しい方もこれを聞くと尻込みしてしまいますよね。

子どものためのお金はたくさんかかるものの、出費のタイミングはわかっています。一番大きな出費のタイミングは大学に入学する時。そこでおすすめなのは学資保険です。子どもが18歳になる年を目標に今からはじめましょう。

各社から色々なプランの保険商品が出ていますが、大切なのは返戻率と、月額に無理が無いことです。いくら子どもの将来のためとは言え、毎月の生活が苦しいと、カツカツギスギスしてしまい、子どもの育つ環境として良いものではありません。生活費からどれくらい捻出できるか無理の無いプランを相談しましょう。

また、『うちは毎月子ども用に貯金してるから大丈夫』と言う方、学資保険なら、万が一、契約者に何かあり、支払いができない状態になってしまっても、その後の支払いを免除されるので安心です。

大切な子どものため、計画的に、お守り代わりにもなる学資保険を将来のためにはじめることをおすすめします。