MENU

入る?入らない?学資保険

学資保険、妊娠中に加入できるって知ってた?

いよいよ出産の時期が迫っている妊婦さん。子育てって思っている以上にお金がかかるということをご存知でしょうか。我が子には十分な教育を受けさせてあげたいと思うのが親心でしょう。子供がまだ幼いうちはさほど教育費は嵩みませんが、こどもが成長するにつれて幼稚園費用、私立受験をした場合は、小学校、中学校の学費、高校、大学等の学費など、教育費が必要になってきます。

このような将来的に必要になる教育費を捻出するための手段として、有名なものに学資保険がありますね。じつはこの学資保険は妊娠中でも加入することができるのです。出産の140日前から学資保険の加入が可能となっていますが、このことをご存知の方はとても少ないのです。まだ我が子に対面していないので実感が湧かないということもあるでしょう。しかし、妊娠中に学資保険に加入するのは本当におすすめなのです。

保険は契約時に権利が生じますので、もしも万が一、契約者である父親または母親が亡くなってしまった場合それ以降の保険の支払いは免除され保険金に至っては加入したプラン通りの金額が給付されます。また、ほとんどの学資保険が18歳まで払い続けますが、出産前に加入している場合は払い込み期間がその分長くなり月額の負担金額は減りますので月々の生活はいくらか楽になるといえるでしょう。

これは余談ですが、赤ちゃんが生まれてくるととたんに忙しくなり、バタバタとした日々が待ち受けています。余裕のあるうちに学資保険に加入しておくと安心ですよ。