MENU

入る?入らない?学資保険

学資保険を選ぶ時には色々な会社を見比べよう

学資保険に加入する際には、まずいろいろは保険会社の学資保険の内容を見比べることが重要になります。貯蓄性の高いタイプのものもあれば、契約者である親が万が一死亡した場合には支払いを免除される保障性の高いものもあります。父親も母親も健康だけが取り得であり、貯蓄性や返戻率の方を重視したいという場合には、こうしたタイプの学資保険を選ぶとよいでしょう。

契約者の父親や母親の年齢が高い場合には、将来、どちらかが病気で倒れて、亡くなってしまう可能性ももしかするとあるかもしれません。こうした場合には保障が高いタイプの学資保険を選ぶとよいでしょう。契約者の親が死亡した場合に保障されるタイプのものや、両親死亡時の保障があるものなどもありますので、加入をする際には、契約内容をよく確かめておくとよいでしょう。学資保険は受取人の変更もできます。

学資保険を上手に選ぶためには、やはりいろいろな保険会社の資料を見比べて内容を比較検討しながら決めることが一番重要です。また加入先の保険会社が大きな企業であるか、信頼出来る会社であるかについても考慮の一つにしましょう。

最近では、保険会社から資料を取り寄せると同時に見積書を一緒に送付してくれる場合もあります。あらかじめ月額の保険料がいくらになるのか、満期額はいくらなのか、返戻率はどのくらいになるのかを数字で確認しておくと、加入する際の判断資料にもなります。

各社見比べながら、よく考えてから決めると失敗がありません。もちろんあとからの見直しも学資保険には必要です。